刑事事件判決

平成25年7月1日

各位

オリンパス株主被害弁護団
団長弁護士 米川長平

1 はじめに

平成25年7月3日(水)午後1時30分から、東京地方裁判所第104号法廷において、オリンパス、菊川剛、山田秀雄、及び森久志に対する刑事事件判決の言渡しが行われます。
傍聴券につき抽選が行われますので、傍聴を希望される方は、平成25年7月3日(水)午後1時までに、東京地方裁判所正面玄関1番交付所にお越しください。
なお、これまでの経緯は次のとおりです。

2 経緯

(1)期日

日時 主な内容
第1回 平成24年9月25日 冒頭手続(冒頭陳述、証拠請求等)
第2回 平成24年11月19日 被告人質問(菊川、山田)
第3回 平成24年12月11日 被告人質問(山田、森)
第4回 平成25年1月11日 被告人質問(オリンパス、森)
第5回 平成25年2月18日 被告人質問(オリンパス)
第6回 平成25年3月1日 被告人質問(森
第7回 平成25年3月5日 被告人質問(山田)
第8回 平成25年3月12日 被告人質問(菊川)
第9回 平成25年3月26日 論告・求刑
第10回 平成25年4月23日 最終弁論・最終陳述

(2)検察官による求刑
オリンパス 罰金10億円
菊川    懲役5年
山田    懲役4年6月
森     懲役4年

(3) 弁護人による弁論
菊川、山田、森の弁護人らは、執行猶予付きの判決を求めております。

3 まとめ

本件虚偽記載は、1000億円以上の含み損に関し、10年以上の長期間に渡って行われています。菊川、山田、森らは、オリンパスを代表する立場で、本件虚偽記載に関わっていました。今回、オリンパスを代表する立場で10年程度本件虚偽記載に関わり、その間役員報酬として約13億円を受け取っていた菊川らに対し、司法の判断が下されます。大きな節目ですので、皆様のお越しをお待ちしております。

▲ ページトップへ